トーナメント表
秋季埼玉県大会の勝ち上がり
秋季埼玉県大会 地区予選の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
令和4年度 秋季高等学校野球埼玉県大会
令和4年度 秋季埼玉県高等学校野球大会 東部地区予選
令和4年度 秋季埼玉県高等学校野球大会 西部地区予選
令和4年度 秋季埼玉県高等学校野球大会 南部地区予選
令和4年度 秋季埼玉県高等学校野球大会 北部地区予選

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
埼玉TOPページ

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 11月19日、20日の2日間で開催される第1回埼玉県高校野球4地区(東西南北)選抜チーム交流戦。各地区の出場選手も先日発表された。各地区1校1名という上限はあるものの、各地区で実力者が集まった。

 埼玉3位で秋季関東大会に出場した山村学園をはじめとした学校が所属している西部地区も、力のある選手が揃った。

 山村学園のサイドハンド・鹿島 駿吾投手(2年)は、技巧派右腕として、この秋はチームの創部初となる関東大会出場に導くなど貢献した。

 野手では、文武両道として知られる川越東で主軸を任された首藤 諒祐外野手(2年)、下級生の時からチームの主軸を任されていた西武文理の三上 漣内野手(2年)とスラッガーは揃っている。

 夏の甲子園に出場し、この秋もベスト8に進出した聖望学園の選手は残念ながら不在だが、他の地区に力を示すことができるか。