オリックスの日本一でシーズンの幕が下りたプロ野球。今後、各チームが秋季キャンプを行い、2023年シーズンに向けて着実に準備を進めていくなかで、セ・リーグ3位の阪神は、主力選手も参加するキャンプに高卒1年目・前川 右京外野手(智辯学園出身)の招集を発表した。最年少の参加選手となり、注目が集まる。

 フェニックスリーグでは16試合で2本塁打、11打点をマークした。勢いそのままに岡田新監督の待つ秋季キャンプに乗り込む。その岡田新監督は、智辯学園(奈良)時代から気にしていた選手の1人だったようで、期待しているスラッガーを自らの目で改めてチェックすることになりそうだ。

 オープン戦では1軍デビューを果たすなど、早くからその実力の高さに多くの関係者が熱視線を送ってきた。2年目に向けて更なるアピールができるか楽しみである。

 前川の高校時代のバッティングがおさめられた特集は、高校野球ドットコムの公式Youtubeチャンネルで配信されている。

(動画を見る)