高校野球界では全国有数の激戦区・愛知県で、公立の雄として知られている大府。過去にも甲子園に春夏合わせて7回の出場実績がある実力校であり、歴史ある伝統校でもある。

 OBには、「ミスターパーフェクト」こと、元巨人の投手、槙原寛己氏らがいるが、この春から赴任してきた中嶋監督の下で、秋は県大会ベスト8進出。愛工大名電とも2対5と接戦を演じて見せた。公立校であるがゆえに、練習時間は19時ごろまでと決して長い時間を練習に費やして、練習量を確保しているわけではない。それでも練習の質で補おうと、意識を高く持って基本練習も反復して行っている。その積み重ねが秋の8強に至ったと、中嶋監督はじめ選手たちも口を揃えて話す。

 目標は甲子園出場。この冬場も練習を積み重ねていく公立の雄には、目が離せない。

 大府の練習模様を特集した動画は、高校野球ドットコムの公式Youtubeチャンネルで配信されている。

(動画を見る)