阪神のドラフト4位・茨木 秀俊投手(帝京長岡)が31日、指名あいさつを受けた。

 元プロ野球選手の芝草監督からの指導を受け、帝京長岡(新潟)での3年間を通じて腕を磨き、直球の最速を147キロまで伸ばしてきた。

 甲子園に出場することはできなかったが、洗練された投球フォームを見たプロ野球解説者や、阪神ファンからも期待の声が集まっており、入団前から注目度が日に日に増している。

 ドラフト前に取材した時は、「将来は勝てる投手というのを目標にしている」と宣言していた。高校野球3年間では届かなかった甲子園で、プロでは歓喜の瞬間を味わうことができるのか。今から新人合同自主トレが待ち遠しくなる。

 茨木の特集は高校野球ドットコムの公式Youtubeチャンネル内で配信されている。

(動画を見る)