トーナメント表
広島県大会の勝ち上がり
地区予選の勝ち上がり

トーナメント表
岡山県大会の勝ち上がり

トーナメント表
鳥取県大会の勝ち上がり

トーナメント表
島根県大会の勝ち上がり

トーナメント表
山口県大会の勝ち上がり

 第139回秋季中国地区高校野球大会の抽選会は21日に予定されている。県大会を勝ち抜いた16チームが出場。来年センバツ出場校選考の重要資料となる大会で、今年も中国地区からは出場2枠が与えられている(四国と合わせてのもう1枠も例年通り)。

 今年は広島県開催。地元からは昨年秋の中国地区を制した広陵や、伝統校の広島商が出場し、ともに2年連続センバツ出場を目指す。神辺旭は初の中国大会挑戦となる。今夏の甲子園に出場した創志学園(岡山)、浜田(島根)は夏春連続甲子園を狙う。

 出場校は以下の通り(優勝、準優勝、3位の順。広島は優勝、準優勝、3位、4位の順)。大会は28日に開幕する。

【岡山】
おかやま山陽
創志学園
岡山学芸館

【鳥取】
鳥取城北
米子松蔭
米子東

【広島】
広陵
広島商
広島新庄
神辺旭

【島根】
浜田
三刀屋
益田

【山口】
高川学園
宇部鴻城