2022年プロ野球ファーム日本選手権が8日、宮崎県で行われ、楽天が阪神との試合を制してファーム日本一に輝いた。この試合、阪神の高卒ドラフト4位ルーキー・前川 右京外野手(智辯学園出身)が5番指名打者でスタメン出場を果たし、ホームランを記録。見事ホームラン賞を獲得した。

 6回、楽天の大卒ドラフト5位ルーキー・松井友飛投手(穴水高出身)からライトへのホームランを記録。外角へ沈んでいく変化球に体勢を崩されながらも、うまくバットを残しつつヘッドを走らせて捉えた。技ありの1本で1年間の成長の跡を見せた。

 プロ1年目の前川はファームで21試合を経験した。
64打席 打率.250(60打数15安打)
3本塁打、7打点、長打率.450、出塁率.281、OPS.731

 規定打席に到達せずにランキングから外れているが、長打率は2位、出塁率は7位に相当する数字となっている。試合数も含め、2年目はさらに経験値を積み、1軍デビューの日が来ることを楽しみにしたい。

 前川の高校時代を特集した動画は、高校野球ドットコムの公式Youtubeチャンネルで配信されている。

(動画を見る)