トーナメント表
国体の組み合わせ

大会の詳細・応援メッセージ
2022年 第77回 国民体育大会

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

プロ志望届提出者一覧
プロ志望届提出者一覧

 とちぎ国体は2日、1回戦4試合が行われ、第4試合は下関国際高松商の終盤の追い上げを何とか振り切って勝利。大阪桐蔭との再戦が実現した。

 

 初回から3点を奪って主導権を握ると、2回にも2点を追加。序盤で5対0と高松商からリードを奪う。

 プロ志望届を提出している下関国際先発・古賀 康誠投手(3年)は角度のある速球とスライダーを巧みに混ぜた投球で高松商打線にホームを踏ませない。

 前半を5対2で折り返し、6回にも3点を加えて8対2と下関国際が優勢に進めてきたが、8回に反撃にあう。1死一、二塁から1番・浅野 翔吾がライト前でチャンスを広げると、2番・井櫻 悠人らのタイムリーで一挙4得点。8対6と背中を捉える。

 ただ追撃を下関国際が振り切って勝利した。