とちぎ国体は2日、1回戦が行われており、2試合目は甲子園4強の近江(滋賀)と地元・栃木の國學院栃木が登場する。

 注目の近江山田 陽翔投手(3年)は先発せず、4番右翼手で出場。リリーフ登板があるのか注目される。

近江
1番(遊)津田 基内野手(3年)
2番(中)清谷 大輔外野手(2年)
3番(二)中瀬 樹内野手(3年)
4番(右)山田 陽翔投手(3年)
5番(三)石浦 暖大内野手(3年)
6番(一)岡崎 幸聖内野手(3年)
7番(左)川元 ひなた外野手(3年)
8番(捕)大橋 大翔捕手(3年)
9番(投)星野 世那投手(3年)

国学院栃木
1番(二)原野 泰成内野手(2年)
2番(中)槙本 嵩大外野手(3年)
3番(右)小木曽 凱虎外野手(3年)
4番(三)平井 悠馬内野手(3年)
5番(左)鈴木 友外野手(3年)
6番(遊)長田 悠也内野手(2年)
7番(捕)武田 歩大捕手(3年)
8番(一)兼子 拓也内野手(3年)
9番(投)中澤 康達投手(3年)