巨人は今年のドラフト1位で浅野 翔吾外野手(高松商)を指名すると、複数のメディアが報じている。ネットニュースでもトップ扱いされ、大きな話題となっている。

 長いドラフト史で巨人が高校生外野手をドラフト1位指名するのは史上初だ。

 また高松商出身で、ドラフト1位指名された選手といえば、慶應大のスラッガーとして活躍し、スカウトとしても手腕を発揮した大森剛氏がいる。

 巨人ドラフト1位は、他球団と比べても注目度が遥かに違う。それを担うだけのポテンシャルや、大舞台でも発揮できるメンタルの強さが必要となるが、浅野はその資格が備わった選手である。

(動画を見る)