今年の高校生左腕で大きく評価を上げているのが、吉川 悠斗投手(3年=浦和麗明)だ。

 この夏の埼玉大会・秩父農工科学戦で20奪三振を達成し、評価が急上昇。12球団のスカウトが視察済みという逸材だ。

 185センチの長身。最速142キロながら、伸びのある球質で、スライダー、カーブ、フォークの切れ味も良い。特に脅威なのが、チェンジアップ。打者の手元で大きく落ちる変化球で、このチェンジアップによって多くの三振を奪った。

 今回、高校野球ドットコムのYou Tubeでは吉川の投球を徹底特集。特に取材日で見せたチェンジアップは強烈だ。

(動画を見る)