メンバー一覧
U-18代表20名が発表!今年の高校野球の顔や、世代屈指のスラッガー、高校生No.1捕手が選出!

関連記事
成績に明暗が分かれたU-18代表投手陣。米国、韓国に通用するキーマンは?
U-18代表野手は浅野、松尾がやはり中心…。スーパーラウンドでは接戦を勝ち抜く野球ができるか?
高校生No.1右腕・山田陽翔、本格派、技巧派揃いのU-18代表投手陣8名を徹底紹介!
松尾、渡部、野田と今年のU-18代表捕手3名は全国大会経験豊富!守備の要として活躍できるか?
U-18代表の内野手6名は好打者揃い!木製バットへの順応が早そうな打者たちも!
浅野、海老根などU-18代表外野手4名の守備力は、歴代トップレベル!浅野はスラッガーに相応しい活躍を見せることができるか?

 米国・フロリダで行われている第30回 WBSC U-18ベースボールワールドカップは米国の優勝で幕を閉じた。

 大会終了後、WBSCはMVPと「ベストナイン」にあたる「オール・ワールド・チーム」のメンバーを発表した。

 MVPには3本塁打、13打点(ともに最多)、打率.316をマークした201センチのスラッガー、ブライス・エルドリッジ(米国)が選出された。日本代表からはリリーフ投手部門で川原 嗣貴大阪桐蔭)、捕手部門で松尾 汐恩大阪桐蔭)の大阪桐蔭バッテリーが選ばれた。

 川原は4試合に登板し3勝をマーク。13回16奪三振、防御率0.00の結果で日本代表投手陣を牽引した。

 松尾は全9試合に出場し8試合でマスクを被った。打率.321、9安打、6打点をマークし打線も支えた。

【MVP】
B.エルドリッジ(アメリカ)

【投手】
先発:リン・ショウエン(台湾)
リリーフ:川原 嗣貴 (大阪桐蔭)

【捕手】
松尾 汐恩 (大阪桐蔭)

【一塁手】
V.ロメロ(メキシコ)

【二塁手】
A.エスクデーロ(パナマ)

【三塁手】
ジョン・デソン(韓国)

【遊撃手】
R.ベルドゥーゴ(メキシコ)

【左翼手】
チウ・シン(台湾)

【中堅手】
ジョン・ジュンヨン(韓国)

【右翼手】
A.ミラー(アメリカ)

【DH】
B.エルドリッジ(アメリカ)