花咲徳栄・金子 翔柾

2ページ目にリストを掲載中!】

一覧
2022年ドラフト候補高校生リスト

高校生ドラフト期待度ランキング2022
50位-41位 超高校級右腕、大型スラッガーが続々ランクイン
40位-31位 全国レベルの左腕、速球派右腕、大型外野手、スラッガーをリストアップ
30位-21位 全国実績十分のコンビ、復活傾向の大型右腕をピックアップ
20位-11位 世代屈指のスラッガーなど実績豊富な超高校級の逸材がランクイン
10位-1位 スタープレイヤーが揃う中、トップに輝いた逸材は?

 日本高野連は15日、「プロ野球志望届」の提出者一覧を更新した。新たに9名が追加され、計89名となった。

 花咲徳栄(埼玉)の金子 翔柾投手は最速145キロ右腕で、甲子園出場こそないが、3年夏の埼玉大会では4試合31イニングで45三振を奪って見せた。切れのいいスライダーは超高校級と評価されている。同じく花咲徳栄藤田 大清外野手はプロのスカウトも注目していた大型外野手。俊足の持ち主でもあり長打力があるのも魅力だ。

 今夏甲子園で快進撃を見せ準優勝した下関国際(山口)の大型左腕、古賀 康誠投手もプロ志望届を出した。180センチ、80キロの体を生かした球質の重い直球の最速は147キロ。甲子園でもツボにはまったときの素質の高さをアピールしていた。

 佐伯鶴城(大分)の古川 雄大外野手は走攻守バランスのとれた将来性豊かな外野手。50メートル走6秒フラットの足と、遠投110メートルの強肩に、高校通算20発を超える長打力がある。日本人の父とフィリピン人の母を持つ。スカウトの評価も高く、「ギータ2世」の素材を持つとも評されている。

 二松学舎大附(東京)の辻 大雅投手は、最後の夏に背番号1をもらった本格派左腕。変化球の切れはもちろんだが、直球は手元で伸びる球質で将来性を感じさせる。

 鳥取城北(鳥取)の梅澤 纏投手は最速146キロ右腕。180センチ、78キロの恵まれた体格も持つ。2年秋からエースとして活躍していた。

 東北(宮城)の伊藤 千浩投手は最速143キロ右腕で高校通算20本塁打の打者としても評価されていた。