トーナメント表
夏の甲子園の勝ち上がり

関連記事
ダントツの優勝候補の大阪桐蔭は何が凄いのか?大阪桐蔭に対抗できる優勝候補8校もピックアップ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧
甲子園注目選手

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権大会

 第104回全国高校野球選手権大会の第10日、第3試合は愛工大名電(愛知)と明豊(大分)が3回戦を戦う。

 愛工大名電は3戦連続でエース・有馬 伽久投手(3年)が先発。打線でも5番に入り、投打での活躍が期待される。明豊はエース左腕・江藤 隼希投手(3年)が今大会初登板を果たす。この試合も1年生の1番・髙木 真心外野手がリードすることができるか。

<先攻:明豊>
1番(左)髙木 真心外野手(1年)
2番(三)宮崎 元哉内野手(3年)
3番(遊)後藤 綾太内野手(3年)
4番(一)竹下 聖人内野手(3年)
5番(右)嶽下 桃之介外野手(3年)
6番(二)牧野 太一内野手(3年)
7番(捕)鈴木 蓮捕手(3年)
8番(中)西村 元希外野手(2年)
9番(投)江藤 隼希投手(3年)

<後攻:愛工大名電>
1番(中)加藤 蓮外野手(3年)
2番(三)大森 瑛斗内野手(3年)
3番(遊)伊藤 基佑内野手(3年)
4番(一)山田 空暉内野手(3年)
5番(投)有馬 伽久投手(3年)
6番(二)市橋 昂士内野手(3年)
7番(右)美濃 十飛外野手(3年)
8番(左)石見 颯真外野手(1年)
9番(捕)藤山 航平捕手(3年)