トーナメント表
夏の甲子園の勝ち上がり

関連記事
ダントツの優勝候補の大阪桐蔭は何が凄いのか?大阪桐蔭に対抗できる優勝候補8校もピックアップ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧
甲子園注目選手

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権大会

  8月14日、第104回全国高校野球選手権・第9日の第3試合、大阪桐蔭―聖望学園(埼玉)の一戦が行われ、ドラフト候補に取り上げられる松尾 汐恩捕手(3年)が2打席連続弾を放った。

 8回表、先頭打者として打席に立った松尾は左翼席へ特大弾。そして9回表にも聖望学園のエース・岡部大輝投手(3年)から特大弾を放ち、2打席連続弾となった。これで松尾は甲子園通算5本目。そして1試合での2打席連続弾は、大阪大会5回戦の東海大仰星戦以来、2度目となった。さらに夏の甲子園の打率は.778と驚異的な打率を残している。