ヤクルトの主砲・村上 宗隆内野手(九州学院出身)が高校1年夏で出場して以来となる甲子園出場を決めた九州学院(熊本)の選手を紹介する。

【投手】
 直江 新投手(2年)が鍵を握る。体全体を使った投球フォームから140キロ前後の速球と切れのあるスライダーでゲームメイクを行い、熊本大会決勝戦で完封勝利を挙げた。他では 桑原 颯汰投手(3年)などが控える。

【野手】
 村上 慶太内野手(3年)はヤクルト村上の弟として評判のスラッガーだが、高校3年時の兄に負けない体格をしていて、鋭いスイングから繰り出される打球は見応えがある、熊本大会では打率.222に終わったが、本領発揮が期待される。主将の園村 慧人外野手(3年)をはじめ、松下 翔内野手(3年)、後藤 大和外野手(3年)と強打者をそろえる。