夏の甲子園初出場を決めた帝京第五(愛媛)は、元プロの小林昭則監督率いるチームだ。今年の陣容を紹介していきたい。

【投手】
積田 拓海投手(3年)と、決勝戦でも好リリーフした国方 蓮投手(2年)が軸となる。突出した球速はないが、打たせて取る投球をできるかが鍵になる。

【野手】
愛媛大会で打率.478をマークした岩来 太陽内野手(3年)、1番鈴木 恭平内野手(3年)など、上位打線でつないで、粘り強く勝ち抜くチームカラーだ。