4年ぶりに夏の甲子園に戻ってきた名門・鹿児島実が初戦を迎える。改めて注目選手を紹介したい。

【投手】
 ここにきて評価が高まっているのが赤崎 智哉投手(3年)だ。常時130キロ後半の速球と切れのあるスライダーで翻弄する投球は九州地区でもトップレベル。赤崎が左肘を疲労骨折していた時期もあり、多くの投手を起用してきた。

 久留須 政壱投手(3年)、 森山 遼耶投手(3年)も控える。また、外野手を兼任する筏 伸之助外野手(3年)は赤崎が投げられない時期はマウンドにも登っており、投手陣の陣容は豊富。

【野手】
 4番永井 琳内野手(3年)、 筏 伸之助外野手(3年)が勝負強い打撃を見せ、攻守の中心である 浜崎 綜馬捕手(3年)もキーマン。

 基本的に堅い守りで接戦を勝ち抜くスタイル。初戦突破を果たすことができるか。