夏甲子園で、ダークホース候補に挙がっている下関国際(山口)の陣容を紹介したい。

【投手】
 大型左腕・古賀 康誠投手(3年)は140キロ後半を計測する速球派左腕。遊撃手の 仲井 慎内野手(3年)も投手としてマウンドに登り、145キロ前後の速球を投げ込む。松尾 勇汰投手(3年)も控える。

【野手】
 強打の賀谷 勇斗内野手(3年)、遊撃・仲井も中心となっている。山口大会で本塁打を打っている水安 勇外野手(3年)にも注目だ。

 古賀、仲井の2枚看板がどう機能するか注目が集まる下関国際。ぜひ躍動を期待したい。