3大会連続で夏の甲子園に出場の高松商(香川)。今年の主力選手を紹介していきたい。

【投手】
 昨夏の甲子園も経験している左腕・渡辺 和大投手(3年)は140キロを超える直球で勝負。変化球の切れ味も鋭く、ゲームメイクもしっかりできる。187センチの大型左腕・大室 亮満投手(2年)も130キロ後半の速球を投げ込む逸材として期待も高い。

【野手】
 世代屈指のスラッガー・浅野 翔吾外野手(3年)は香川大会で3本塁打を記録しており、甲子園でも大活躍が期待される。他にも 9番横井 亮太内野手(2年)、2番井櫻 悠人外野手(3年)、4番本田 倫太郎内野手(3年)、3番渡邊 升翔内野手(3年)と好打者が多く、切れ目のない打線で大量得点を狙う。