富山大会決勝戦で逆転に成功し、夏の甲子園5大会連続出場の高岡商(富山)はパワフルな打線が魅力だ。

【投手】
 野手が兼任することが多く、川尻 啓人内野手(3年)、背番号1ではあるが、センターも兼任した桑名 勝投手(3年)、 左腕の横江 壱吹投手(2年)が軸となる。

【野手】
 打撃戦を制してきた高岡商の打線のキーマンは、昨夏も甲子園を経験している近藤 祐星捕手(3年)。投手を兼任する川尻、桑名も打線のキーマンとなる。全体的に振れる打者が多く、甲子園でも強打を発揮することが期待される。