甲子園に2年連続出場の三重。今年も投打で逸材が揃う主力選手たちを紹介したい。

【投手】
 昨夏甲子園を経験した2人の好投手が鍵を握る。上山 颯太投手(3年)、谷 公希投手(3年)の2枚看板に期待だ。上山は総合力タイプで、140キロ前後の速球と多彩な変化球で勝負する。谷は140キロ中盤の速球と切れのあるスライダーで翻弄する。また、宇佐美 貴也内野手(3年)もリリーフとしてマウンドに登ることもある。

【野手】
 1年生の時からレギュラーとして活躍した野田 泰市外野手(2年)は左の巧打者として注目。鈴木 朝陽内野手(3年)も、今年の三重では一番の対応力の高さを秘めている。大越 渉外野手(2年)もパンチ力を秘めた右の強打者だ。また宇佐美も一発を秘めた左打者だ。

 攻守ともにバランスが取れたチームで、しっかりとかみ合えば高校野球ファンを沸かせる野球ができるチームであることは間違いない。