夏の甲子園に出場している徳島代表の鳴門。春季四国大会でも優勝し、今年も躍進が期待されているチームである。

【投手】
 今夏、左腕エースの冨田 遼弥投手(3年)が徳島大会を1人で投げぬいた。140キロ前半の速球と切れのある変化球を出し入れする投球は、高校生でもトップクラス。四国NO.1左腕と評することができる。まずは冨田がゲームメイクすることが求められる。

【野手】
 徳島大会では5回コールド勝ちが2試合と、投手の負担を軽くさせた打線の力も大きい。スラッガー・ 前田 一輝外野手(3年)など、打力の高い打者が揃い、ミートセンスもあり、好投手を攻略できる実力を秘めている。

 個々の総合力でいえば、今年の四国では1、2を争う鳴門。甲子園でも躍動なるか。