3年ぶり夏の甲子園出場の鶴岡東(山形)。今年も強いチームを作り上げてきた。ダークホース候補として評価急上昇中の主力選手たちを紹介したい。

【投手】
 複数投手陣で勝負。技巧派・小林 廉投手(3年)、右サイドの 渡辺 千尋投手(3年)は、威力ある直球と切れのある変化球で勝負する実力派だ。さらに長身左腕・ 矢部 充稀投手(3年)も角度のある直球とキレのある変化球で勝負する。

【野手】
 強力打者が揃う鶴岡東打線。パワフルなスイングで長打を量産する高校通算23本塁打前田 夢翔内野手(3年)は山形大会で打率.467をマークした。土屋 奏人捕手(3年)は高校通算33本塁打をマークしている。好打者、強打者が多い鶴岡東打線の中でも、この2人はスイングの速さ、打球の速さ、パワーが段違いだ。そして好遊撃手・関 舜内野手(3年)も軽快なフットワークを生かした守備と巧打が光る。