トーナメント表
夏の甲子園の組み合わせ

関連記事
ダントツの優勝候補の大阪桐蔭は何が凄いのか?大阪桐蔭に対抗できる優勝候補8校もピックアップ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧
甲子園注目選手

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権大会

 前年夏甲子園優勝を果たし、今春の近畿大会で大阪桐蔭を破って優勝を収めるなど、大阪桐蔭を阻むチームとして期待される智辯和歌山(和歌山)。その戦力を紹介する。

【投手】
 140キロ前半の速球を投げ込む塩路 柊季投手(3年)、140キロ後半の速球を投げ込む武元 一輝外野手(3年)の2人が中心。試合展開では、大型右腕・西野 宙投手(3年)、技巧派左腕・橘本 直汰投手(3年)、145キロ右腕・清水 風太投手(2年)も投げる可能性がある。

【野手】
 和歌山大会で3本塁打を放っている強打のトップバッター・山口 滉起外野手(3年)、同じく和歌山大会で3本塁打を放っている強打の捕手・渡部 海捕手(3年)や、和歌山大会でも満塁本塁打を放ち、打撃技術は一級品の岡西 佑弥内野手(3年)、二刀流・武元、23年度の近畿地区を代表するスラッガーになりそうな 青山 達史内野手(2年)、俊足を武器に広い守備範囲を誇る多田羅 浩大外野手(2年)とタレントが揃っている。