トーナメント表
千葉大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 千葉大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

関連記事
戦国千葉は逸材多数!木更津総合のエース、市立船橋バッテリー、千葉黎明の本格派右腕など見所満載

日程・結果一覧
千葉TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 7月が終わり、夏の地方予選がすべて終わった。8月6日から開幕する甲子園に出場する49チームには、戦いぶりに注目が集まるが、その一方で多くのチームが夏の大会に敗れ、3年生は引退した。

 今年の3年生は新型コロナウイルスと向き合い続けた世代で、思い描いたような高校野球生活ではなかった選手が多いだろう。そんな3年生たちのために、千葉商大付我孫子東がスペシャルマッチと題した、3年生の壮行試合を浦安市運動公園野球場で開催した。

 千葉大会の抽選会の前日にあたる6月22日に壮行試合を開催。互いに夏の大会へ気合を入れるためにも、あえて実施したが、この壮行試合ではマネジャーが始球式を行うなど、選手はもちろん、マネジャーも含めて3年生全員が全力でプレーした。

 下級生たちも3年生のためにスタンドから声援を送り、壮行試合は大いに盛り上がった。

 千葉商大付我孫子東ともに夏の大会では優勝とはならなかったが、壮行試合では笑顔が溢れ、存分に楽しんでいた。この壮行試合を含め、高校野球3年間の経験を生かして、これからのステージでの活躍を楽しみにしたい。

 壮行試合の模様、そして特別な思いをもってプレーした5人の3年生に迫った特集は、高校野球ドットコムの公式Youtubeチャンネルで配信している。

(動画を見る)