トーナメント表
大阪大会の勝ち上がり

関連記事
大阪桐蔭以外にも逸材多数!履正社の全国区の遊撃手、金光大阪のバッテリーなどに注目!

日程・結果一覧
大阪TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 大阪大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

 第104回全国高校野球選手権大阪大会は29日、準決勝が行われ、決勝へと駒を進めた2校が決まった。今回はその準決勝2試合を徹底取材。

 第1試合の履正社関西創価の試合は2回に履正社が先制し、5回に追加点を加えるが、関西創価が6回に同点に追いつく。しかし直後の7回に履正社が1番光弘 帆高内野手(3年)の犠牲フライで得点し、そのまま3対2で逃げ切った。敗れた関西創価は左腕・柴田俊太投手(2年)の好投もあと一歩及ばなかった。

 第2試合は大阪桐蔭上宮が対戦。大阪桐蔭は2回に星子 天真内野手(3年)の適時二塁打で先制すると、5、6回に得点を重ね8対0で勝利した。先発の別所 孝亮投手(3年)はこの日最速147キロの直球で7回を無失点に抑えた。敗れたが上宮の先発・山田遼門投手(3年)は相手打線を4回まで1点に抑える好投を見せた。

【29日、大阪シティ信用金庫スタジアム】
大阪桐蔭vs上宮 NEW!
西谷監督も「100点満点」と絶賛 150キロ右腕の圧巻の投球で2年連続決勝進出に導く

履正社vs関西創価 NEW!
履正社、大苦戦も期待の2年生左腕が無死満塁のピンチを断ち切り、決勝進出へ