4年ぶりの甲子園出場を狙う日大三。パワフルな打線が代名詞だが、今年のチームは名門校らしい堅実な試合運びで勝負する。安定した守りでリズムを作り、強打で着実に点を重ねていく姿はさすがの一言しかない。

【投手】
 これまでプロが注目するような剛腕投手はいないが、試合を作れる投手が多い。その中でも左腕・松藤 孝介投手(3年)は130キロ中盤の速球と、キレのある変化球を投げ分ける好投手で、最も試合を作れる。安田 虎汰郎投手(2年)も140キロ前後の速球を投げ込む。また、昨秋までエース格として活躍した 矢後 和也 投手(3年)や、この春、東海大菅生戦で好投を見せた佐藤 起也投手(3年)はこれまでの日大三にはなかなかいない左サイドハンド。タイプの異なる投手が多く揃い、総力戦で勝負ができる。

【野手】
 伝統の強打を誇る日大三。右のスラッガー・富塚 隼介内野手(3年) 浅倉 大聖内野手(3年)、藤巻 一洸外野手(3年)は打線の核となっているが、二塁手・寒川 忠内野手(3年)、金澤 海斗内野手(3年)の二遊間コンビも、非常に守りが堅い。さらに都内屈指の強肩捕手・川崎 広翔捕手(3年)はピンチでの冷静なリード、キャッチングも光る。

 この春、夏と日大三が接戦を制することができているのも、センターラインの守備がしっかりしていることが大きい。

 日大三は強打がチームカラーで、小倉監督が求めるレベルは高い。そのハードルを乗り越え、東海大菅生投手陣を攻略できるか。