今年の西東京だけでなく、全国でもトップクラスの戦力を有するチームとして評判が高いのが東海大菅生。その戦力を紹介したい。

【投手】
 エースの鈴木 泰成投手(3年)は、手術から復活した右の本格派右腕。準々決勝でも147キロをマークし、伸びのある快速球は爽快感がある。ばらつきがあり、不用意に入って痛打されて失点を重ねるシーンもあるが、それでも、だんだん仕上がれば、敵なしの投球が期待できる。そして145キロ右腕・日當 直喜投手(2年)の成長も大きい。キレ型の鈴木の直球と比較すると、日當の直球は威力型。さらに120キロ後半のフォークの切れ味は凄まじく、高確率で三振を奪え、先発、リリーフで好投できる。

 他では左腕の青柳 琉汰投手(3年)や多井 耶雲内野手(3年)、140キロを超える速球を投げ込む 豊岡 遥翔投手(3年)もリリーフで控える。

 東海大菅生はエースに固執しない投手起用ができる。鈴木がバテ気味で打たれる傾向が見えればスパッと代えている。それも十分戦えるほどの投手力があるからこそできることだ。

【野手】
 攻守の要である福原聖矢捕手(3年)は準々決勝でも本塁打を放ち、打線は上り調子だ。強打の小池 祐吏内野手(3年)は勝負強く、広角に長打が打てる。鈴木 悠平外野手(3年)も一発を打てる長打力を秘めている。身体能力の高さを生かし、果敢に好走塁、好守備を見せる二塁手・ 小山 凌暉内野手(3年)や、金谷 竜汰内野手(3年)も厳しいノックで鍛え上げられた守備力は必見。

 強打者の藤井 颯太外野手(3年)はトップクラスの強肩も持ち、常にダイレクト返球が期待できる。

 投手、野手の能力の高さは申し分ない。あとは野手が「打線」を作り上げることができるか。勝負どころでも粘り強く守れるかに尽きる。