三季連続の甲子園出場を狙う二松学舎大附。改めてそんな戦力を紹介していきたい。

【投手】
エースの辻 大雅投手(3年)は、130キロ後半の速球は伸びがあり、切れのあるスライダーでゲームメイクに徹する好投手。また、重川 創思投手(2年)も、威力ある直球で勝負する。センバツまでエースとして活躍していた布施 東海投手(3年)も復調を期待されている。大矢 青葉外野手(2年)も140キロを超える直球を投げ込む。

【野手】
攻撃的な1番・親富祖 凪人外野手(3年)が突破口を切り開き、果敢に盗塁を決め、打線に勢い付けるチャンスメーカー。瀬谷 大夢外野手(3年)も関東地区を代表する大型外野手として注目されている。また外野手の大矢もリストの強さを生かした強打が魅力だ。1年生の台頭も大きく、片井 海斗 内野手 (1年)は準決勝の帝京戦では本塁打を放った。

 打撃の破壊力は高く、好投手の対応力は日増しにレベルアップしており、決勝でも破壊力ある打撃が期待される。