仙台育英は14日、仙台商との2回戦を迎え、7対0と8回コールド勝ちを収めた。 1回裏、4番齋藤 陽外野手(2年)の適時打、5番・尾形 樹人捕手(2年)の犠飛で2点を先制。その後も小刻みに点を追加し、8回裏、住石 孝雄内野手(3年)の適時打で7対0とし、7回コールド勝ちを決めた。

 髙橋 煌稀投手(2年)は4回を投げて7奪三振、湯田 統真投手(2年)は4回を投げて8奪三振の好投と、投打で圧倒し、仙台商にリベンジした。

(動画を見る)