2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は福島を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 福島商 7回
2位 磐城 6回
3位 学法石川 5回

 

 昭和の時代、福島商がひとつの時代を築いた後、磐城が続く形となった。出場回数もほぼ同じだが、甲子園での勝利数では磐城が上回っている。1971年(昭46)には福島県勢唯一となる準優勝を収めた。田村隆寿投手を擁したチームは堅実な守りを武器に、次々と強豪を倒していったが、まさしく田村投手の大会だったといっても過言ではなかった。

 初戦の2回戦で優勝候補にも挙げられた日大一(東京)を5安打完封の1対0で勝利すると、準々決勝の静岡学園戦でまたも5安打完封劇で3対0。準決勝は奈良・郡山に8安打されながらも完封(4対0)。初戦から27イニング連続無失点で決勝に進んだ。桐蔭学園(神奈川)との決勝戦も6回まで0を重ねたが、7回についに1失点。打線の援護なく、0対1で優勝を逃した。田村投手は甲子園で33イニング連続無失点と好投しながら、大会唯一の失点1で優勝を逃したことになる。

 田村投手はその後、指導者となり、安積商で2度、母校磐城で1度、監督として甲子園に導いたが、勝利することができなかった。

 福島県初代表は福島師範で、初勝利は1963年(昭38)、初出場の磐城が初戦でマークした。最高成績も磐城の準優勝。福島県勢の通算成績は35勝59敗で、勝利数の都道府県ランキングは42位タイ。

★福島県勢の代表回数上位ランキング(複数回以上)
1位 聖光学院 16回
2位 学法石川 9回
3位 福島商 8回
3位 日大東北 8回
5位 磐城 7回

★福島県勢の甲子園勝利数上位ランキング(複数勝利以上)
1位 聖光学院 19勝(8強4回)
2位 磐城 7勝(準優勝1回、8強1回)
3位 学法石川 3勝
4位 福島商 2勝
4位 双葉 2勝