2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は奈良を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 天理 14回
2位 智辯学園 6回
3位 郡山 4回

 奈良県では、1971年(昭46)から2012(平24)まで、夏の甲子園出場校が天理智辯学園郡山の3校だけだった。昭和の時代も当然、出場回数上位はこの3校だった。そのなかでなんといっても天理が圧倒的な強さを誇った。昭和の奈良の歴史は、天理の歴史でもあった。

 天理の初出場は1959年(昭34)。いきなり2勝を挙げベスト8に輝いた。優勝も夢でない状況となり、地元の期待が高まる。その後、幾度となく甲子園にチャレンジするが、ベスト4が2度、ベスト8が2度と、なかなか決勝までいけなかった。1981年(昭56)から5年のうち、智辯学園が4度甲子園に出場するなど、盟主交代と思われた1986年(昭61)に大きな壁を突破するのだった。

 初戦から、新湊(富山)、米子東(鳥取)、佐伯鶴城(大分)と倒して準決勝に進むと鹿児島商に8対6で勝利し初めて決勝に進んだ。序盤でリードするも中盤に追い詰められる苦しい展開にも最後は突き放して勝利。16安打で打ち勝った。決勝は伝統校の松山商(愛媛)。初回に1点を先制されたが4回に逆転してそのままリードを保って念願の初優勝をつかんだ。当時のエースは本橋雅央投手。そして主将を務めたのが5番・中村良二内野手。大会で2本塁打をマークし、のちに近鉄、阪神で活躍した。そして、2015年、母校の監督に就任し、現在に至っている。

 奈良県初代表は1933年(昭8)の郡山中で初戦で勝利し奈良県勢初勝利をマークしている。最高成績は優勝で天理が2度達成している。奈良県勢通算成績は87勝59敗で、勝利数の都道府県ランキングは13位タイ。

★奈良県勢の代表回数上位ランキング(複数回以上)
1位 天理 28回
2位 智辯学園 20回
3位 郡山 6回
4位 御所実 4回

★奈良県勢の甲子園勝利数上位ランキング(複数勝利以上)
1位 天理 48勝(優勝2回、4強3回、8強6回)
2位 智辯学園 26勝(準優勝1回、4強1回、8強1回)
3位 郡山 8勝(4強1回、8強2回)
4位 高田商 3勝(8強1回)