2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は滋賀を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 比叡山 4回 
2位 伊香 3回
3位 膳所 2回
3位 長浜 2回
3位 甲西 2回

 昭和の当初、滋賀県勢は大きな活躍ができないままでいた。戦後から昭和40年代までは代表校すら出せない状況も多かったが、昭和50年代に連覇を含めて3度出場した比叡山がひとつの時代をつくった。特に1979年(昭54)はベスト8に進出した。それまでの滋賀県勢延べ9校が初戦に挑むもすべて黒星。滋賀県勢として待望の甲子園1勝を果たした比叡山が3勝して準々決勝にコマを進めた。惜しくも牛島 和彦投手ー香川 伸行捕手の名バッテリーを擁した浪商(現・大体大浪商=大阪)に0対10で敗れたが、滋賀県勢としては大躍進だった。

 その1年前のセンバツでは屈辱を味わった。前橋(群馬)の松本稔投手に完全試合を喫してしまった。その年の夏は県大会準決勝で涙をのんだ。先輩たちの悔しさをひきついだ後輩たちが1年後に快進撃を果たしたことになる。1回戦の釧路工(北北海道)戦で11安打、2回戦の相可(三重)戦では10安打、そして3回戦は屈辱を味わった同じ群馬県勢の前橋工相手に12安打して勝利。完全試合敗退翌年の夏、3勝すべて2ケタ安打をマークして「打撃の比叡山」を印象づけた。

 滋賀県初代表は八日市。初勝利は比叡山。最高成績は近江の準優勝。滋賀県勢の通算成績は38勝51敗で、勝利数の都道府県ランキングは39位タイ。

★滋賀県勢の代表回数上位ランキング(複数回以上)
1位 近江 15回  
2位 比叡山 8回 
3位 八幡商 7回  
4位 北大津 3回
4位 伊香 3回

★滋賀県勢の甲子園勝利数上位ランキング(複数勝利以上)
1位 近江 16勝(準優勝1回、4強1回、8強1回) 
2位 八幡商 6勝
3位 比叡山 5勝(8強2回) 
4位 甲西 4勝(4強1回)
5位 瀬田工 3勝(4強1回)