宮城県といえば、仙台育英東北の私学2強が強豪で評判だが、近年、最も実績を残している公立校といえば、仙台第三高校ではないだろうか。地元から「三高」と親しまれている宮城県仙台第三高校。昨夏の第103回宮城大会では準優勝、この春の県大会ではベスト4とそれ以前も、ご覧の通り好成績を残している。

20年秋 ベスト8
18年夏 ベスト4

 仙台三は進学校としても実績があり、東北、北海道の国公立大への進学者が多い。高校野球ドットコムの動画チャンネルでは、そんな仙台三の練習環境、練習内容、夏へ向けての課題に迫っている。特に野球部の施設は、県立校ではトップクラスの施設だった。

(動画を見る)