この夏、ヤクルト・村上宗隆内野手が1年生だった2015年夏以来となる甲子園出場を目指す九州学院(熊本)。

 村上の弟、村上慶太内野手(3年)は最終学年を迎え、この夏がラストとなる。兄そっくりの体格をしていて、打撃フォームも似ていると評判だ。

 春は県大会優勝を果たし、九州大会に出場。初戦敗退したが、第70回NHK旗高校野球大会では優勝も果たし、夏優勝本命チームとして見られている。

 この夏はパワフルな打撃を見せて、兄以来の頂点を勝ち取ることができるか。 

(動画を見る)