第104回全国高校野球選手権大阪大会の組み合わせ抽選会が開催される。優勝候補として期待されるのは大阪桐蔭だが、今回は大阪桐蔭以外の逸材を紹介していきたい。

 注目は履正社の遊撃手、光弘 帆高内野手(3年)。下級生の時から安定した守備力は評価されていたが、ここにきて長打力もレベルアップし、全国トップレベルの遊撃手として評価を高めている。

 また、大阪桐蔭戦で好投を見せた大型右腕・的場 吏玖投手(3年=大阪電通大高)も最速144キロの速球と多彩な変化球を投げ、将来性の高さはピカイチ。センバツベスト8入りの金光大阪の古川 温生投手、岸本 紘一捕手(ともに3年)のバッテリーにも注目。特に古川は安定したフォームから繰り出す140キロ前半の速球と、切れ味鋭いスライダーは見応えがある。

 他では140キロを超える河内 天志投手(3年)、岩切 瞳輝投手(3年)を擁する東海大仰星も面白い。143キロ右腕・川口咲斗投手(3年=大阪産大附)も期待の逸材だ。