県大会のトーナメント表
県大会の勝ち上がり

夏シード権獲得校一覧
春の千葉ベスト16の顔ぶれ

関連記事
【選手名鑑】千葉県の注目選手リスト
専大松戸を破った公立校・四街道、強打・我孫子東にいた逸材たち

 23日午前11時半より、第104回全国高校野球選手権千葉大会の組み合わせ抽選会が行われる。168校153チームが参加。7月9日〜26日にかけて熱戦が繰り広げられる。

 今大会は春の県大会ベスト16進出校にシード権が与えられる。シード16校の顔ぶれは以下の通り。

【Aシード】
市立船橋銚子商木更津総合拓大紅陵

【Bシード】
習志野西武台千葉中央学院東京学館

【Cシード】
東京学館船橋船橋東専大松戸東海大浦安市立柏千葉黎明長生暁星国際

 この春は28年ぶりに春季大会優勝を果たした市立船橋、準優勝の銚子商の公立勢が牽引した。2季連続の甲子園出場を狙う木更津総合や、拓大紅陵も力があり、優勝候補として注目したい。

 前回王者・専大松戸はここまで苦しい戦いが続いている。秋は2回戦敗退、春も3回戦で姿を消した。夏は巻き返しに期待したい。

 秋4強の八千代松陰市原中央などの実力校がノーシードに回っている。激戦区・千葉の夏を制すのはどのチームか、注目だ。