2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は富山を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 高岡商 12回
2位 富山商 6回
3位 魚津 2回
3位 桜井 2回
3位 新湊 2回

 富山県勢の昭和の時代を支えたのは高岡商だった。12回の出場を誇り、常連校としてその名を全国的なものにした。しかし、わずか2回の出場だが、初出場で強烈な、そして後世語り継がれる活躍をしたのが魚津だった。

 1958年(昭33)、初出場すると快進撃を見せてベスト8まで勝ち上がった。主役を演じたのがエース村椿 輝雄投手。初戦の浪華商(現・大体大浪商=大阪)相手に2対0の完封勝利。優勝候補打線をわずか4安打に抑えた。2回戦では明治(東京)に7対6の接戦で完投勝利すると、3回戦で桐生(群馬)を4安打完封の3対0で勝利して8強へと進んだ。準々決勝は板東 英二投手(元中日投手)擁する徳島商と対戦。延長18回、0対0の引き分け再試合の激戦を演じた。25三振を奪った板東に負けじと、徳島商打線を7安打に抑え1点も与えなかった。再試合で敗れはしたが初出場での快進撃に、地元魚津の富山湾に現れる蜃気楼になぞらえて「蜃気楼旋風」と呼ばれた。富山県勢が夏甲子園1大会で3勝を挙げたのは、この時の魚津だけだ。

 1986年(昭61)のセンバツで、富山県勢16年ぶりの出場となった新湊がベスト4に勝ち上がったときも「新湊旋風」と呼ばれたが、魚津の快進撃の再現のようだったことが、そう呼ばれた理由だと言われている。

 富山県初代表は高岡商。初勝利も高岡商で1947年(昭22)の初戦でマークした。富山県勢の最高成績はベスト8で魚津のほか、高岡商富山北部富山商富山第一がマークしている。富山県勢通算成績は30勝61敗1分けで、勝利数の都道府県ランキングは45位。

★富山県勢の代表回数上位ランキング(複数回以上)
1位 高岡商 21回
2位 富山商 16回
3位 新湊 5回
4位 桜井 4回
5位 魚津 2回
5位 富山第一 2回
5位 滑川 2回

★富山県勢の甲子園勝利数上位ランキング(複数勝利以上)
1位 高岡商 11勝(8強1回)
2位 富山商 8勝(8強2回)
3位 魚津 3勝(8強1回)
3位 富山第一 3勝(8強1回)
5位 富山北部 2勝(8強1回)
5位 新湊 2勝