2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は福井を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 敦賀 14回 
2位 福井商 9回
3位 若狭 7回 

 

 昭和の時代、福井県では敦賀福井商が全盛期だった。特に敦賀は最多14回の出場回数を誇っていたが、甲子園で印象を残したのは若狭だった。
 初出場は1950年(昭25)。いきなり初戦を突破した。延長14回の激戦のすえに強豪の浜松商に3対2で勝利した。5度目の出場となった1967年(昭42)には、のちに阪神で活躍する川藤 幸三氏を擁して甲子園に乗り込んだ。初戦で武相(神奈川)に0対3で敗れたが、この年から3年連続で夏甲子園出場を果たしている。その3年目に、福井県勢として初めて4強入りを果たす。川藤氏のチームが基礎をつくって3年目。後輩たちが福井の歴史に若狭の名を刻んだ。
 初戦(2回戦)で長崎商に2対1で逆転勝利を果たすと、準々決勝では富山北部を相手に初回に3点を奪うなど4対1で快勝。ベスト4にコマを進めた。松山商(愛媛)の前に完封負けを喫して決勝進出は逃すが、夏の1大会2勝は1958年(昭33)の敦賀以来、福井県勢としては2度目のことで、1989年(平元)福井商が2勝するまで、昭和の時代で2勝したのは敦賀若狭だけだった。

 福井県初代表は1925年(大14)の敦賀商(現・敦賀)で初勝利もその初戦でマークした。最高成績は4強で若狭のほか、福井商敦賀気比(2回)がマークしている。県勢通算成績は57勝76敗で、勝利数の都道府県ランキングは30位。

★福井県勢の代表回数上位ランキング(複数回以上)
1位 福井商 22回  
2位 敦賀 17回 
3位 敦賀気比 10回  
4位 若狭 7回
4位 福井工大福井 7回

★福井県勢の甲子園勝利数上位ランキング(複数勝利以上)
1位 福井商 19勝(4強1回) 
2位 敦賀気比 16勝(4強2回、8強2回)
3位 敦賀 9勝(8強3回) 
4位 若狭 4勝(4強1回、8強1回)
4位 福井工大福井 4勝