2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は熊本を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 熊本工 10回 
2位 済々黌 4回
3位 鎮西 4回

 熊本といえば、やはり「熊工」。昭和の時代は特にその色は濃かった。1934年(昭9)、1937年(昭12)に準優勝した。ともに「打撃の神様」こと川上哲治氏が活躍した。
 川上氏をはじめ、名門からは多くのプロ野球選手を輩出している。昭和時代に熊本工でプレーしたのは川上 哲治(巨人)、吉原 正喜(巨人)、後藤 次男(阪神)、山森 雅文(阪急)、伊東 勤(西武)、井上 真二(巨人)、緒方 耕一(巨人)、前田 智徳(広島)などがいる。
 甲子園に出場したのは川上、吉原のバッテリー、後藤、伊東、緒方、前田。伊東は1980年(昭55)に出場。2回戦の大府(愛知)戦、3回戦の天理(奈良)戦と2試合連続本塁打をマークしている。緒方は1986年(昭61)で2回戦敗退、前田は2年生の1988年(昭63)に出場し初戦敗退。3年生では平成最初の1989年にも出場し初戦突破して2回戦で敗退している。「打撃の神様」の母校だからか、好打者が育っているのも面白い。

 ちなみに諸説あるが、川上氏が1937年の準優勝に終わったとき、甲子園の土を持ち帰ったのが最初で、今でも続く「夏の風物詩」のルーツとも言われている。

 熊本県初代表は熊本商。初勝利は1932年(昭7)の熊本工。最高成績は熊本工の3度の準優勝。熊本県勢の通算成績は64勝63敗で、勝利数の都道府県ランキングは25位タイ。

★熊本県勢の代表回数上位ランキング
1位 熊本工 22回  
2位 九州学院 8回 
3位 済々黌 7回  
4位 鎮西 4回
4位 城北 4回

★熊本県勢の甲子園勝利数上位ランキング
1位 熊本工 30勝(準優勝3回、4強1回、8強2回) 
2位 鎮西 8勝(4強2回)
2位 済々黌 8勝(4強1回、8強1回) 
4位 九州学院 7勝(8強2回)
5位 秀岳館 5勝(4強1回)