2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は茨城を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 水戸商 6回 
2位 取手二 4回
3位 水戸一 3回
3位 取手一 3回

 1952年(昭27)水戸商が豊田 泰光主将の元、甲子園に出場。初戦は突破したが2回戦で敗れている。豊田は選手宣誓を務めた。このときのプレーを評価されて豊田は西鉄(現・西武)入りし、野武士軍団の全盛期を支えた。豊田だけでなく、大久保 博元(元西武)、井川 慶(元阪神)などを輩出している水戸商が、茨城の昭和を代表するチームだろう。

 しかし、印象と歴史的1歩という観点でいえば、やはり取手二の全国優勝になる。のちに常総学院を率いて茨城の高校野球界のリーダー的存在にもなった木内 幸男監督がタクトを振るった取手二が、決勝で2年生だったあのKKコンビ擁するPL学園(大阪)を倒して、茨城県初の優勝を手にした。
 昭和の終盤、1984年(昭59)のことになる。弱いチームが強豪を次々となぎ倒していく作戦は「木内マジック」と呼ばれ、選手の長所を伸ばす「のびのび野球」が、昭和の時代の終わりに花開くことになるのは、時代の流れだったのだろうか。

 初戦(2回戦)から衝撃的だった。箕島(和歌山)に0対3でリードされていた8回に一気に5点を奪って逆転勝利をつかむ。春夏連覇を達成した昭和を代表する超強豪を電光石火の攻撃で打ち破った。3回戦も福岡大大濠に逆転勝ち。準々決勝で鹿児島商工(現・樟南)に前半からリードを奪って快勝すると、準決勝の鎮西(熊本)との打撃戦で16安打18得点で圧勝する。試合ごとに強くなり、自分たちの力以上のものを出していく。そんな戦いぶりでもあった。


 決勝ではPL学園に延長10回激闘の末に勝利した。8回、9回と得点され、じわじわと追いつかれての延長戦。気持ちで負けてしまう可能性がある試合展開にも関わらず、10回表に4点を入れて勝ちきった。まさに新時代の幕開けを予感させる球児の戦いだったともいえる。

 茨城県初代表は竜ヶ崎中(現・竜ヶ崎一)で、初勝利は1933年(昭8)の水戸商。最高成績は1984年(昭59)取手二、2003年(平15)常総学院の優勝。茨城県勢の通算成績は53勝65敗で、勝利数の都道府県ランキングは31位タイ。

★茨城県勢の代表回数上位ランキング
1位 常総学院 16回  
2位 水戸商 10回 
3位 竜ヶ崎一 9回 
 4位 取手二 4回
4位 土浦日大 4回

★茨城県勢の甲子園勝利数上位ランキング(複数勝利以上)
1位 常総学院 28勝(優勝1回、準優勝1回、4強1回、8強3回) 
2位 水戸商 9勝(8強1回)
3位 取手二 6勝(優勝1回) 
4位 竜ヶ崎一 3勝