2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は栃木を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 足利工 6回 
2位 作新学院 5回
2位 文星芸大附 5回

 

 栃木県の高校野球を語るにあたって、作新学院は外せない。特に昭和の「怪物」だった江川 卓投手が一番に思い浮かぶ。1973年(昭48)に公式戦で完全試合2回、ノーヒットノーラン9回、県大会わずか2安打で甲子園に出場。春夏通じての甲子園での奪三振率は14.0など、数々の快挙、記録を残している。巨人での活躍も言うまでもない。しかし、作新学院にはチームとしても誇れる実績がある。

 高校野球の歴史で初めて春夏連覇を果たした。1962年(昭37)のことだ。のちにロッテで活躍する八木沢 荘六投手を擁してセンバツで優勝した。そして夏も甲子園への切符を手にし、優勝候補の筆頭としてもっとも注目されていた。しかし、大アクシデントに見舞われる。
 大黒柱の八木沢が赤痢にかかった。それも発覚したのが開会式直後。大会2日目に試合予定だったが、4日目に変更された。八木沢は病院へ。ナイン全員が検査を受け、出場辞退も覚悟した。感染はなく出場できたが、エース抜きで戦わなければならなかった。

 チームを救ったのは控え投手だった加藤 斌(たけし)投手だった。準決勝、決勝の2試合連続完封を含めて3完封などの活躍で優勝に貢献。見事、史上初の春夏連覇を成し遂げた。その後、八木沢は早稲田大に進み、加藤は中日に入団した。プロ2年目のオフ、加藤はスポーツカーを購入。モチベーションを上げて、3年目に向かおうとしていた1月にそのスポーツカーを運転中に交通事故で帰らぬ人になった。享年20。あまりにも早すぎた。

 栃木県初代表は宇都宮商。初勝利は宇都宮中(現・宇都宮)。最高成績は作新学院の1962年(昭37)と2016年(平28)の優勝。作新学院は現在、10大会連続夏出場を継続している。栃木県勢通算成績は59勝62敗で、勝利数の都道府県ランキングは28位。

★栃木県勢の代表回数上位ランキング
1位 作新学院 16回
  2位 文星芸大附 10回
 3位 佐野日大 6回
  3位 足利工 6回
5位 宇都宮南 5回

★栃木県勢の甲子園勝利数上位ランキング(複数勝利以上)
1位 作新学院 27勝(優勝2回、4強2回、8強2回)
 2位 文星芸大附 10勝
3位 宇都宮工 8勝(準優勝1回、4強1回、8強1回) 
4位 佐野日大 4勝(8強1回)
 5位 宇都宮南 3勝