愛知の強豪・享栄の今夏予選の初戦の相手が決まった。初戦は春日井工科碧南工科の勝者と対戦する。
 

 149キロ左腕・東松快征投手(2年)、技巧派左腕・藤本逸希投手(3年)の2人を軸とした享栄投手陣は全国レベルだけに、打線の状態を上げ、投手陣を援護できるか課題になっている。今年のナインについて大藤監督は「3年生は例年と比べると実力ある選手は少ない分、まとまって戦える強さがある」と評する。

 27年ぶりの夏の甲子園出場を目指し、さらに投打をレベルアップさせる。

(動画を見る)