第104回西東京大会の組み合わせ抽選会が開催される。今回は西東京大会の逸材を紹介したい。

 今年は東海大菅生に逸材が揃う。エース右腕・鈴木 泰成投手(3年)の復活が期待され、下級生の時から注目されてきた巧打者・小池 祐吏内野手(3年)、俊足強肩でチームを支える福原 聖矢捕手(3年)とラストサマーを迎える選手が多い。下川邊 隼人内野手(3年・國學院久我山)も一歩目が速く、他の選手では追いつけない打球も追いついてアウトにしてしまうスピード感と長打力が持ち味の大型遊撃手だ。ノーシードで迎える佼成学園は都大会で本塁打を放った重藤 琳太郎内野手(3年)も期待が高い。

(記事=河嶋 宗一)