トーナメント表
享栄、中京大中京などが属するブロック
至学館、愛工大名電などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

 18日、第104回全国高校野球選手権愛知大会の組み合わせ抽選会が行われる。今回は186校175チームが参加予定。7月2日より熱戦が繰り広げられる。

 この春の県大会の上位進出校は以下の通り。

優勝:東邦

準優勝:愛工大名電

4強:星城豊川

8強:愛知啓成享栄西尾東愛知商

 上記の8チームが夏のシード権を獲得した。東邦愛工大名電享栄といった強豪校が今チームも力を見せている。昨年の秋季大会で4強の星城や、8強の豊川など実力校にも注目が集まる。一方で、ノーシードとなった実力校の中京大中京の組み合わせがどうなるか。

 夏の愛知を制すのはどのチームになるのか注目だ。