22022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は千葉を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 銚子商 10回
2位 千葉商 7回
3位 県立千葉 6回
3位 習志野 6回

 出場回数こそ、千葉商が多いが、昭和の千葉の高校野球は、銚子商習志野の「2強」が軸だった。1965年(昭40)に銚子商が千葉県勢として初めて準優勝を収めた。この年の千葉大会準決勝では、木樽正明(元ロッテ)擁する銚子商が元中日の谷沢健一擁する習志野を破っている。2年後の1967年(昭42)には習志野が千葉県勢初の甲子園優勝を手にした。

 そして1974年(昭49)からは銚子商習志野が優勝。千葉県勢が競い合うように「夏甲子園連覇」を果たした。

 銚子商では篠塚利夫(元巨人)、習志野では小川淳司(元ヤクルト)がともに2年生からレギュラーとして活躍していた。1974年は千葉大会4回戦で銚子商習志野を破って甲子園に出場し優勝した。翌年1975年(昭50)は逆に習志野銚子商を破って甲子園に出場し、優勝を果たしている。2年からエースだった小川は篠塚との対戦を通じて成長し、3年生で甲子園全5試合に完投勝利を挙げる活躍で優勝投手となった。ちなみに小川の2学年上に掛布雅之(元阪神)がいて甲子園に出場したが初戦敗退した。

 1975年の秋、関東大会予選の千葉大会で宇野勝(元中日)擁する銚子商が、習志野に完封負けしたが、翌年の1976年(昭51)夏は甲子園に出場。ベスト8に進んでいる。千葉の「2強」の切磋琢磨の歴史は、プロ野球選手輩出の歴史でもあった。

 千葉県初代表は千葉師範で、初勝利は千葉中(現・県立千葉)。最高成績は優勝で、習志野が2度、銚子商が1度経験した。千葉県勢の通算成績は98勝77敗。勝利数の都道府県ランキングでは高知と並んで10位タイ。

千葉県勢の代表回数上位ランキング
1位 銚子商 12回
2位 習志野 9回
3位 成田 7回
3位 木更津総合 7回
3位 千葉商 7回

★千葉県勢の甲子園勝利数上位ランキング(複数勝利以上)
1位 銚子商 25勝(優勝1回、準優勝1回、8強4回)
2位 習志野 20勝(優勝2回、8強2回)
3位 成田 10勝(4強3回)
4位 木更津総合 8勝(8強1回)
5位 市立船橋 7勝(4強1回、8強1回)