2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は岩手を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 福岡 10回
2位 盛岡一 3回
2位 花巻北 3回
2位 盛岡商 3回
2位 黒沢尻工 3回
2位 一関学院 3回

 現在でこそ、花巻東盛岡大附が甲子園でも強豪と言われるほどだが、昭和の岩手代表はまさに冬の時代でもあった。特に1978年(昭53)からは9年連続初戦敗退を喫している。その昭和の時代にベスト8に2度進んだ高校がある。福岡高校である。1901年(明34)創立で、1990年代終盤までは全校男子生徒丸刈りのいわゆる「バンカラ」で、代々受け継がれてきた年季が入った学ランによる応援スタイルなど、甲子園のアルプスでも名物となっていた。

 昭和になって最初の大会、1927年(昭2)に福岡中時代に初出場し、桐生中(現・桐生)に勝ち、準々決勝でこの大会で優勝した高松商(香川)に延長12回サヨナラ負けを喫している。

 ベスト8進出2度目は1961年(昭36)。釧路江南(北海道)を9回サヨナラの7対6で破り、準々決勝でこの大会で準優勝した桐蔭(和歌山)に0対5で敗れた。わずか1安打しか打てない完敗だった。

 それから19年後。エース欠端光則投手を擁して9回目の出場を果たす。初戦で大分商に敗れたが、欠端はその年のドラフトでロッテから3位指名を受けてプロ入り。1984年(昭59)に大洋(現・DeNA)に移籍すると開幕投手を務めるなど主力として活躍した。

 今年の春季岩手県大会では2勝してベスト8入りした。1985年(昭60)以来、37年ぶり11回目の夏甲子園へ全力を注ぐ。

 岩手県初代表は1916年(大5)の一関中(現・一関一)で、初戦突破を果たし、県勢初勝利もマークしている。岩手県勢の最高成績は4強で盛岡中(現・盛岡一)と花巻東が2度ずつマークした。県勢通算成績は41勝78敗1分けで、勝利数の都道府県ランキングは37位。

★岩手県勢の代表回数上位ランキング
1位 盛岡大附 11回
2位 花巻東 10回
2位 福岡 10回
4位 盛岡一 9回
5位 一関学院 6回

★岩手県勢の甲子園勝利数上位ランキング(複数勝利以上)
1位 花巻東 10勝(4強2回)
2位 盛岡大附 8勝(8強1回)
3位 盛岡一 7勝(4強2回、8強2回)
4位 福岡 4勝(8強2回)
5位 一関学院 3勝