春季県大会のトーナメント表
明豊、大分商などが属するブロック
佐伯鶴城、藤蔭などが属するブロック
ベスト8以降の勝ち上がり

 15日、第104回全国高校野球選手権大分大会の組み合わせ抽選会が行われる。今大会は県内44校が参加予定。7月6日より熱戦が繰り広げられる。

 今大会のシード校は以下の通り。

【第1シード】明豊大分舞鶴

【第2シード】柳ヶ浦大分商

【第3シード】藤蔭国東佐伯鶴城中津東

 シード校は2回戦から登場する。第1シードには昨夏代表校で今春県大会王者の明豊と今春センバツ出場の大分舞鶴が入る。第2シードには春準Vの柳ヶ浦と春3位の大分商と県内屈指の強豪校が揃ってシード権を獲得した。第3シードには最速152キロ右腕・松石 信八投手(2年)を擁する藤蔭など実力校が名を連ねている。

 決勝戦は7月23日に予定されている。今夏の大分代表はどのチームになるのか、熱戦を期待したい。