2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は青森を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 青森 4回 
1位 東奥義塾 4回
1位 八戸 4回

 昭和の青森県勢といえば、2回しか出場していないが三沢が強烈な印象を残した。三沢高校というよりは、太田 幸司投手の印象かもしれない。1968年(昭43)、1969年(昭44)夏にエースとして甲子園で登板。69年夏は東北勢初となる決勝に進出した。松山商(愛媛)との決勝は0対0の延長18回引き分け再試合の激闘。結局、最後は2対4で敗れて準優勝に終わるが、決勝で「2試合完投」した太田は、伝説の右腕として高校野球のファンの心に残っている。

 実はこの三沢が決勝で敗れて以降、昭和の最後となる1988年(昭63)までの青森県勢はすべて初戦で敗退している。平成最初となった1989年(平1)の弘前工が初戦を突破して連敗を止めるまで14連敗を喫した。ちなみ青森県勢が1大会で4勝したのは三沢のほか、2011年(平23)から2年連続で準優勝した光星学院(現・八戸学院光星)だけ。

 青森県初代表は八戸中(現・八戸)で、初戦敗退が9連敗続いたが、1960年(昭35)の青森が県勢初勝利を挙げて連敗を止めた。最高成績は準優勝で、三沢光星学院(現・八戸学院光星)がマークしている。青森県勢の通算成績は49勝61敗1分け。勝利数の都道府県ランキングは33位。

★青森県勢の代表回数上位ランキング
1位 青森山田 11回  
2位 八戸学院光星 10回 
3位 八戸 6回  
4位 八戸工大一 5回
4位 弘前実 5回 

★青森県勢の甲子園勝利数上位ランキング(複数勝利以上)
1位 八戸学院光星 23勝(準優勝2回、4強1回、8強4回) 
2位 青森山田 12勝(8強1回)
3位 三沢 5勝(準優勝1回) 
4位 東奥義塾 3勝(8強1回)
5位 弘前学院聖愛 2勝