2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は石川を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 星稜 7回 
2位 金沢 5回
3位 金沢桜丘 4回

 石川といえば星稜の名前が浮かぶ。もちろん、昭和の時代も石川県の代表格だった。元中日の小松 辰雄投手がチームを率いて出場した1976年(昭51)に、石川県勢初のベスト4に勝ち進んだ実績は目立っている。

 しかし、高校野球のファンの心に深く刻みこまれているのは、カクテル光線のなか、延長18回を投げた「悲運の左腕」、堅田外司昭投手の方かもしれない。

 1979年(昭54)、第4試合となった箕島(和歌山)との3回戦、延長18回サヨナラ負けを喫した。様々なドラマを生み、高校野球のファンなら知らない人はいない試合だ。延長に入って2度勝ち越しながら、その裏に同点弾を許して18回の末に力尽きた。しかし、堅田投手の伝説はここで終わらなかった。甲子園に審判として戻ってきた。甲子園に愛された人だった。

 18回の激戦で敗れ、球場を引き揚げる際、当時の球審に最後に使われた球を手渡された。一生の宝物にすると同時に、再び甲子園に戻るきっかけにもなった。2021年(令3)夏の決勝を最後に審判も勇退。石川県を代表するレジェンド左腕として、これからも語り継がれていくだろう。

 石川県初代表は金沢商。初勝利は石川師範。最高成績は1995年(平7)と2019年(平31)星稜の2度の準優勝。石川県勢通算成績は42勝62敗で、勝利数の都道府県ランキングは36位。

★石川県勢の代表回数上位ランキング
1位 星稜 20回  
2位 金沢 13回 
3位 遊学館 6回  
4位 金沢泉丘 4回
4位 金沢桜丘 4回 

★石川県勢の甲子園勝利数上位ランキング(複数勝利以上)
1位 星稜 24勝(準優勝2回、4強2回) 
2位 金沢 7勝
3位 遊学館 6勝(8強1回) 
4位 日本航空石川 2勝